2019年7月18日木曜日

温泉につかって、単に血管が拡張していただけかな? 

 昨夕は、午後4時ころ帰宅。

 予定どおり、甘エビ丼を食べて、温泉につかって、漁協で甘エビを購入してきた。

 冷凍ものだったけど、旨い!!
 

 1Kg(1箱)で2,800円。

 マレーシアリンギに換算すると約RM100。

 もし、マレーシアでこんなものを売っていたら、3箱は買ってしまうだろう。

 ところで、この甘エビの漁場はここなんです。
 

 武蔵堆(むさしたい)

 羽幌沖約100Kmの地点にあるそうだ。

 北日本海で最大の好漁場らしい。

 私のボートでは、ちと行けないな。

 

 話変わって・・・・。

 昨日の温泉で、細君が女湯から出てくるのを休憩室で待っていると、目の前に血圧計が置いてあった。

 最近は、血圧計にすぐ反応してしまう。

 風呂上がりだったので、相当血圧が上昇していると覚悟したが、計ってみると

 最高125、最低76!!

 努力の甲斐あって、正常値に復活?

 でも、温泉につかって、単に血管が拡張していただけかな? 

2019年7月17日水曜日

全走行距離約600Km。

 本日は、自宅から約100Km離れた、とある日本海沿いの町まで向かう。

 目的はヒッチメンバーの取り付け。

 車は、一泊予定だが、私たちは代車を借りて帰宅する。

 で、明日、また車の引き取りのため、再度向かう・・・・・。

 ヒッチメンバーの取り付けが終わると、ボートを牽引できる。

 なので週末にボート受け取りのため、こちらも約100Km離れた旭川近郊の町まで向かう。

 全走行距離約600Km。(峠超え6回)

 まあ、一度に走るわけではないので、それ程負担ではないが、やっぱり年かな~?

 ちと、めんどうっちい。

 
 でも、今日は、その街で一番人気の食堂で昼飯を食って、温泉に入って、漁協直営店で海産物を購入予定だ。

 この町の名物は「甘エビ」だが、今年は不漁だそうだ。

 なので、新鮮で安い甘エビをゲットできないかもしれない。

 多分、冷凍ものでしょ。

 まあでも、日本はこう言う楽しみがあるので、長距離運転も少しは疲れが癒されるだろう。

2019年7月16日火曜日

路上でアレを見つけてしまった・・・・・・。

 散歩コースは、主に田園地帯を歩く。

 まあ、田舎なので、どこを歩いても田園風景・・・・。

 5~6月は、手の届きそうなところにアスパラガスがニョキニョキ、ニョキニョキ生えている。
 
 盗まれないのかな?

 と思うけど、地元の人は食い飽きているだろうし、結構、家庭菜園で栽培しているので、そんなアホなことはしない。

 と、思う。

 散歩コースは、概ね5コース。

 最短の2kmコースから最長の4.5Kmだ。

 最短コースはちと物足りないので、このコースを歩くことは少ない。

 主に歩くのは、3kmコースと4kmコース。

 4kmコースには、昨年の熊の出没地点が含まれているので、スリル満点だ!!

 と言っても、滅多に遭遇することはないだろう?

 と、思うけど、5月に自転車で付近の山道に入った。

 目的は、ウド。

 ウドの自生ポイントを知らないので、左右の道端を目を凝らして進んだ。

 多分2km位入った地点だった。

 路上でアレを見つけてしまった・・・・・・。

 熊の糞!!

 発見時、新鮮さはない。

 でも・・・・。

 あれ以来、あの場所には近づいてない。


 そうそう、今年の北海道は冷夏のような気がする。

 通常、秋に実るはずのナナカマドが結実していた。
 

 秋と勘違いしたかな?  

2019年7月15日月曜日

北海道の冬は長いので、釣り具でも作って、穴倉生活をしようと思う・・・・。

 ほんと、日本は食べ物が美味しいので、ヤバい・・・・。

 帰国後、恐ろしいので体重計に乗っかれない。

 でも、血圧が高い主原因は、肥満かも?と言う疑いを払拭できない。

 塩分の摂り過ぎ、過度の飲酒や運動不足など、他にも疑われる要因があるが、BMIが高い状態は、若いころから継続している。

 60も近くなって、いよいよ表面に現れて来た。と言うことかもしれない?

 ここいらで、生活習慣を改めないと、年金を受け取る前に死んでしまいそうだ。

 取り合えず、塩分控えめ、今までどおり散歩は継続中。

 残るは、飲酒と肥満。

 肥満対策は、また、「計るだけダイエット」を始めた。

 マレーシア在住時にこれで10Kgは痩せたから、このダイエット方法は効果がある。と、思う・・・・。

 飲酒・・・・・。

 これが辛い・・・・。

 飲酒に関しては、意志薄弱状態なので、3日も断酒したら禁断症状が出る。

 細君に言わせると、機嫌が悪いそうだ・・・・・が、自覚症状なし。

 ところで、本日、体重計に乗ってみた。

 隠す必要もないので公開するが、体重86.8Kg、体脂肪率29%。

 と言うことは、脂肪が25Kgも詰まっていると言うことか?

 豚さんも、まっちゃお!

 仕方ない、目標体重まで12Kgの減量じゃ。


 話変わって・・・・。

 本日、注文していた「タイラバ」のヘッドが配達された。
 

 これにラバーシートでスカートとネクタイを作る。

 今年の釣果を見て、来年からはヘッドも自作しようと思う。

 北海道の冬は長いので、釣り具でも作って、穴倉生活をしようと思う・・・・。

2019年7月14日日曜日

覚えていてくれるかな~~~~~????

 マレーシアから帰国して2か月半が経過した。

 時々、思い出す・・・・・。

 楽しいこともあったけど、思い出すのは嫌~~なことばかり・・・・。

 もう一度住みたいか?と、問われたら、答えは「No~~~」に決まっている。

 生活の3基本である「衣」「食」「住」。

 まあ、「衣」「住」は、それほど不便ではない。

 衣服は、Tシャツとズボンで年中過ごせるし、ランカウイ島で住んでいたアパートは家賃2万円でプール付きだった。

 問題は、「食」だ。

 インド、マレー料理は、美味しいと感じたことはなかった。

 中華料理も、後半は厳しかった。

 自炊にも限界があった。

 まあ、色々な面で、丁度いい時期に帰国したのかもしれない?

 もう、戻ることはないマレーシアだが、実は、1か月半後にマレーシアに行かなければならない。

 要件はこいつ。


 ラウちゃん。

 こいつを連れてくるのだ!!

 狂犬病の血液採取が完了したのが、3月3日だった。

 なので、4月に一緒に帰国できなかった。

 もう既に検疫所での事前届出が承認されたので、マレーシア出国の1週間前に「FormAC」と「輸出許可」を取得すればいいだけ。

 今回は、ラウちゃんだけなので、手荷物として預けられる。

 でも、ちと心配がある。

 覚えていてくれるかな~~~~~????

2019年7月12日金曜日

象印の「パンくらぶ」シリーズのBB-ST10型

 先日、念願のホームベーカリーを購入した。

 象印の「パンくらぶ」シリーズのBB-ST10型だ。
 

 主な使用目的は、捏ね!

 うどんやそば生地が、簡単にできてしまう。

 手打ちにこだわるなら、捏ねも人力でやるべきだが、そこまでの執着はない。

 要は、コシのあるうどんや風味のある蕎麦を食いたいだけだ。

 幸い、わが故郷では「はるゆたか」を産しているし、蕎麦も栽培されている。

 恵まれた食環境だ。

 やっぱり、帰国してえかったな~~。 

2019年7月11日木曜日

7月中は、出航できないのでカヤックで出撃だ~~~。

 昨日は、父親の通院に付き添って、旭川へ。

 治療終了後、フィッシュランドで鮭釣りに使用する磯竿などを購入してきた。

 本格的な鮭釣りシーズンは9月からだが、8月から釣れだすそうだ。

 多分「早生」の小型の鮭だと思う。

 北海道の河口は規制されている。(全河川ではない)

 ある河川では、8月まで両岸及び沖合1000m以内で、鮭釣りはできない。

 なので、規制の外側で釣ることになる。


 8月中は、最初にカレーを釣ってボウズ回避。

 クーラーが満杯になったら、沖に出てブリ釣り。

 ついでに、鮭も狙ってみる。

 というスタイルかな?


 ところで、仕掛けは自作派なのだ。

 仕掛けはシンプル イズ ベスト。

 コスト的にも安い。

 で、カレー釣りで使用する片テンビンを作ってみた。

 これ。


 素材は、超硬ステンレス 0.8mm。

 プライヤーとペンチがあれば作成できる。

 右側のスイベルに錘、左側にハリス、上の輪っこに道糸が来て、その間にハリスが付く。

 7月中は、出航できないのでカヤックで出撃だ~~~。 

2019年7月9日火曜日

「ブリ」を釣りたい。

 北海道もようやく夏らしい気候となってきた。

 過去数日間は、室内気温が28℃越え。

 マレーシア並みだ。

 一昨日と昨日、夕方、散歩に出かけようとしたが暑くて断念。

 で、今朝は早朝散歩。


 まだ山に朝靄がかかっている。

 画像手前の物体は牧草。

 やっぱり、田舎は空気が綺麗だ。

 お陰様で、細君の喘息の調子もいい。

 
 話変わって・・・・。

 先月末に小型船舶操縦士免許証の失効・再交付講習を受けて来た。

 古い免許証は平成20年で有効期限が切れていた。

 自動車の免許なら再交付はされないが、船舶の場合は資格が継続するのでOK。

 で、数日前、更新免許証が郵送されてきた。


 これで、いつでもオフショアフィッシングが可能だ!!

 あれ~~~?

 カヤックには免許がいらないのでは?と思われているでしょう。

 実は、諸事情によりボートを購入予定なのだ。

 まだ、船は来てないけど、名義変更やら港の使用許可取得などで、本格的に出航出来るのは8月からかな?

 取り合えず、枝幸沖で「ブリ」を釣りたい。

2019年7月8日月曜日

麺より、汁が好きなんだけど・・・・・。

 またまた、久しぶりの更新。


 タラコ、筋子、松前漬け、塩辛等々、朝飯のおかずに困ることがない。

 ほんと、日本は旨いものが満ち溢れている・・・・。

 塩辛を熱いご飯に載せて、頬張る。

 帰国していかった~~。と、感じる瞬間だ。


 先月のこと。
 
 父親の通院に付き添った。

 あまりにも暇なので、近くにあった血圧計で計ってみた。

 血圧測定は、11年ぶりのことだ。

 最高血圧200、最低血圧120・・・・・・。

 壊れてんじゃないの?

 もう一度測定。

 160に110・・・・・。

 かなり高い。

 原因は、なんだろう?

 やはり塩分の摂り過ぎかな?

 それとも、酒の飲みすぎ?

 取り合えず、減塩。

 最近は130に90位。

 だいぶ、正常値に近づいてきた。

 が、大好きなラーメンも汁を飲み干せない。

 麺より、汁が好きなんだけど・・・・・。

2019年6月16日日曜日

カヤック来たる

 約1か月ぶりの更新。

 生活の基礎固めで、結構忙しい毎日を送っていたのだ。

 11年間、ぬくぬく・・・・いや、あつあつと熱帯性気候に慣れてしまっていたので、北海道の寒さに慣れるまで、1か月を要した。

 お陰様で、体調が戻ってきた。

 が、 まだ、完全ではない・・・・。

 猫達も、少しづつ自分の居場所を確保しつつあるが、まだ、流動的で、不安定だ。

 故に、大暴れしたり、早朝から起きだして、ランニング・・・・・。

 二人とも、寝不足の日々が続いている。

 
 さて、数日前、シーカヤックを注文した。

 当初は、マリブカヤックスの艇を購入する予定だったが、どうもあのゲーターハッチからの浸水が納得できない。

 なので、ここは、カヤッカーにとっては超有名な「ターポン」を注文した。
 

 で、一昨日、運送会社から「届いた」と連絡が来た。

 大型商品は、運送会社止め。

 自宅まで配達してくれないので、我が町から約100Km離れた旭川市にある運送会社にお出迎え。

 久しぶりのカートップ。

 おまけにランクルだ。

 上がるかな?


 無事、カートップ完了。

 明日にでも漕ぎ出したいが、アンカーシステムを組んで、ロッドホルダーを取り付けなければ釣りもできない。

 初釣行は、まだまだ、先のようだ・・・・。

 ところで、船名は予定どおり「YozenmzaruⅢ」にするつもり。

 細君と私の一字を取っている。

 今年は、鮭釣りに活躍しそうだ。

2019年5月12日日曜日

オホーツク海に漕ぎ出す日も近い?

 昨日、畑に石灰と堆肥を撒いて、耕運機で土をおこした。

 耕運機と言っても家庭用の馬力の少ない奴だが、荒れ地を耕すわけではないので、これで十分だ。

 堆肥を扱うのは生れて初めての経験・・・・。

 一昨日は、イチゴの株分けをした。

 完璧に農家だ。

 魚は冷凍庫にストックしてあるし、野菜は畑で栽培する。

 肉は、熊と鹿を射止めれば、これも自然から調達できる・・・・・って、これは無理か?

 
 ところで、釣り用にこちらでもシーカヤックを購入しようか?と、画策中だ。

 こんな奴。
 

 これはマレーシアで使用していたカヤックと同じメーカー。
 
 マリブカヤックス オーシャンカヤックプラウラー 13フィート。

 以前は12フィートだったので、1フィートアップで直進性もよくなるので、スピードアップが期待できる。

 価格も、マレーシアで購入するより、数万円安い。

 細君は、同意している。

 オホーツク海に漕ぎ出す日も近い?

2019年5月9日木曜日

mineo

 日本でのインターネットは、どうしようか?と、迷っていたが、結局「mineo」を契約した。

 いわゆる「格安シム」だ。

 プランは、3つのキャリアーと6種類の容量を選択できる。

 私はドコモの3GBを契約した。

 料金は毎月1700円位なので、マレーシア滞在時と通信費は同じくらいだ。

 でも、ダウンロード容量が3GBだと、動画を10本視聴すると無くなってしまう。

 なので、動画視聴禁止。

 まあ、マレーシアと違ってテレビを見られるので、これは問題ない。

 ただ、音声通話料が高い。

 1分20円・・・・・。

 通話相手は決まっているので、LINEで十分かな?

2019年5月8日水曜日

エゾエンゴサク

 帰国して本日で約2週間が過ぎた。

 帰国前に「北海道に帰ったらフキの煮付けを食うぞ~」と、宣言していたが、いや~食ってるわい!!


 毎日食ってる。

 だって、タダだもん。


 フキ取りに行くと道端にタンポポや水仙が咲いている。

 もう堪らん!!
 
 こう言う風景を堪能したかった。

 特に春の野草で大好きな植物がこれ!!


 エゾエンゴサク。

 この淡い色調がいい。

 国道を走ると道沿いに群生している。

 北海道はまだまだ寒いが、ほんと、命の息吹を感じる季節だ。

2019年5月3日金曜日

ブログ再開です。

 4月25日夕、無事、ホームタウンに到着!!

 猫も成田の検疫と税関を無事通過!!

 検疫も税関も意外に簡単だったけど、ANAの事務所を探すのに1時間半を要した。

 そのため、数匹の猫が風邪を引いてしまった。

 

 いや~それにしても、食い物が旨い!!

 夢にまで見たラーメンと回転寿司も食べた。

 やっぱり、日本はいいわ~!!

 取り合えず、本日は安着報告で終わります。

2019年3月27日水曜日

本日をもって、ブログを休止いたします。

 読者各位

 本日をもって、ブログを休止いたします。

 更に、ネット環境からも離脱します。

 帰国準備で忙しいので・・・・。

 再開するかは未定です。
 
 では、皆様お元気で・・・・・。

北海道に帰ろうか?その㊳

 カヤックが完成したので、あとは進水式をやるだけだが、部屋から出せない。

 こんなことになろうとは、思いもしなかった・・・・・。

 玄関の踊り場で90度回せられれば、階段を担いで下ろせるのだが、悲しいかな、20度しか向きを変更できない。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今、閃いた!!

 玄関踊り場天井に、屋根に上がる点検口がある。

 ここにカヤックの一部を差し入れて、回頭できないだろうか?

 あとで、やってみよう。



 猫のエアーカーゴでの輸送。

 過去1か月間、この手配に振り回されていた。

 エアーカーゴ会社に電話すると、エージェントを教えられる。

 が、誰も引き受けてくれない。

 理由は、利益率が低いからだ。と、思う。

 手間がかかる割には、儲けが少ない。

 これでは、公共交通機関としての使命を果たしていないのではないか?と、文句も言いたくなるが、依頼している先は、エージェント。

 下請けの個人事業者や会社だ。

 なので、儲からない仕事はしない。

 当然のことだ。

 もうエアーカーゴで輸送することは、完全に諦めた。

 旅客機で手荷物として貨物室に預けると、多分、5機位に分割して搭乗しなければならない。

 飛行機のチケット代や、その他にペットホテルや私達のホテル、レンタカーなどの費用を含めると、100万はかかる。

 それと、重大なミスがある。

 検疫所への40日前までの事前届出。

 これは既に届出済みだが、カーゴで全猫を一度に輸送できると考えていたので、分割登録してない。

 1匹ずつ登録していれば、1匹でも3匹でも5匹でも、自由自在に振り分けできるが、そこまで想定してなかった。

 読者の方は、何のこっちゃ?と、思われるだろう。

 NACCSシステムで事前届出をすると、1ページ目に「いつの便、どこからどこへ、誰が誰に」と言う運送状があって、それに猫を登録する。

 運送状1枚に10匹を登録すると、10匹は同じ機体に乗せなければならない。

 運送状1枚に猫1匹ごとを登録すれば、運送状の変更届出で1機体に自由に振り分けができる。

 ここまで、考えてなかった・・・・・。

 今から、事前届出を取り消して再申請すると、帰国は5月にずれ込む。

 全猫を輸送するには、私が3回帰国して、最後に細君と私が別々の機体で帰国すれば運べそうだ・・・・・。

 こりゃあ、根性、根性、ど根性~♬♬♬~~の世界だ!! 

2019年3月26日火曜日

こりゃあ、二人でやらなきゃ無理だ。

 リフトグリップは、穴を開けるのをやめた。

 代わりに、U字フックをネジ止めして、リフトグリップを取り付けた。 

 昨夕、カヤックが完成!!


 思わず、万歳三唱をしてしまった・・・・・。

 今日か?明日には進水式をやろう。と、玄関から外に搬出しようとした。

 が、船体が長すぎて出せない。

 搬出のことまで考えてなかった・・・・。

 で、玄関のグリルを外すと、ぎりぎり出た。

 でも、今度は階段の踊り場で、回せない・・・・・・。

 結局、室内に戻した。

 これは、アパートの4階から吊り下げて、下まで下ろすしか方法がない。

 船体重量25Kg。

 こりゃあ、二人でやらなきゃ無理だ。

2019年3月25日月曜日

シャオシャオファンが退院。

 昨夜は、今年初の本格的な雨が降った。
 
 約1時間のスコール。
 
 そろそろ、乾季も終わりを告げるか?


 2か月間入院していた猫の「シャオシャオファン」・・・・。

 昨日見舞うと、酷いことになっていた。

 両足に褥瘡(じょくそう)が出来て、痛々しい。
 
 ケージの床の上に直接寝起きしていたので、圧迫壊疽が起きたようだ。

 もう少し早く、タオルでも敷いてやればよかった・・・・・。

 おまけに現在「LIMA 2019」をやっていて、上空を低空で戦闘機が編隊飛行している。

 物凄い轟音。

 これじゃあ、ストレスで参ってしまう。

 ちょうど、昨日は点滴も外されていたので、話を切り出しやすい。

 ドクターに頼んで、退院させてきた。

 帰宅の車内で細君に抱っこされて安心したのか?居眠りを始めた。

 2か月ぶりの自宅。


 人間でも、2か月は長い。

 が、猫の寿命からすると、1年位に感じたのではないか?

 帰国まで1か月。

 それまでに回復してくれればいいが・・・・・。

2019年3月24日日曜日

今週中には、進水式をやるぞ~~~~!!

 カヤックの合体作業が完了!!

 これで、いつでも進水式が挙行できる!!

 が、まだ、ちょっとした艤装が残っている。

 リフトグリップの取り付けだ。

 「リフトグリップ」なんて表現すると格好いいが、要は「取っ手」なのだ。

 カヤックを引っ張る際の、取っ手。

 リフトグリップ本体は、箒の柄をカットして、ドリルで穴を開けて、エポキシ樹脂でコーティングして既に作製済み。


 カヤックのバウ先端内部には、木片が内蔵してある。

 そこに外からドリルで穴を開けて、エポキシ樹脂でコーティングしてロープを通せば、リフトグリップが完成。

 今週中には、進水式をやるぞ~~~~!!  

2019年3月21日木曜日

北海道に帰ろうか?その㊲

 MM2Hは、キープすることにした。

 帰国したら、マレーシアに再びスティすることはないと思うが、銀行口座を維持するため、仕方がない。

 MM2Hをキャンセルしても、定期預金だけを残して帰国している人は日本人以外でも結構多いらしい。

 財政難の折、そう言う口座を没収して国家予算に組み入れてしまうかもしれない。という噂が流布されていたらしいが、マハティール首相はそんなことは間違ってもしないだろう。

 没収するには、当然、法的根拠が必要だし、そんな法案を議会に提出しても、可決されるわけがない。



 カーゴのエージェント・・・・。

 結局、エージェントKは、契約を一方的に破棄した。

 日本の本社に抗議しようと思っていた矢先、エージェントJが別なエージェントHを紹介してくれた。

 Hは、全てを納得の上で引き受けてくれるそうだ。

 が、予約が完了するまで、気を抜けない・・・・。 

2019年3月19日火曜日

北海道に帰ろうか?その㊱

 カーゴのエージェントKから返信が来ない・・・・・。

 概算での見積もりや必要書類についての説明があって以降、音沙汰なし・・・。

 もう1週間以上・・・・・。

 なので、彼を紹介してくれたエージェントJに「彼に何かあったのか?」と尋ねた。

 「一応連絡を取ってみるけど、応答がないときは別なエージェントを探したほうがいいぞ」とのこと・・・・・。

 はあ~・・・・。

 日本だったら、これは職務放棄だ!!

 口約束だけだけど、明確な契約違反だ。

 こんなことはあり得ないし、想像すらできない・・・・・。

 やっぱりここは、マレーシア・・・・・。

2019年3月18日月曜日

北海道に帰ろうか?その㉟

 カヤックの合体作業は、まだ進行中。

 カヤックは、にゃにゃめだとエポキシ樹脂があらぬ方向に流れてしまうので、ベランダの手摺に平衡において作業している。

 


 先日失敗したマイクロバルーンでのパテ埋めは、一度、綺麗に剥がしてやり直した。

 手で剥けるんだから、余程施工がいい加減だったと言うことだ・・・・・。

 で、本日はサンディング作業。

 これが終われば、塗装して完成!!

 だが、昨日の最高気温は36℃。

 直射日光が当たる場所は、多分、40℃を軽く超えていたことだろう。

 汗で濡れた皮膚表面に、エポキシ樹脂の粉塵がくっつくと、痒い・・・・・。

 慌てて、シャワーに入るが、その日は体中が痒くなる。

 これが、作業が進まない一因でもある・・・・。


 「りか&ペナンのブログ」が何とく気になって、読んでみた。

 業者の方のブログなので、私にとって有用なことが時々書いてある。

 何々? 

 MM2Hをキャンセルすると、普通預金口座がクローズされる・・・・・。

 これに関連したことは、拙ブログでも投稿しているが、私が確認したときは「MM2Hを解約しても定期預金は継続できる」との銀行側の説明があった。

 でも、普通預金口座がクローズされるとなると、定期預金の金利の入金先がなくなる。

 金利分は、小切手で支払われるそうだが、これでは金利受け取りのために、わざわざ日本からマレーシアに来なければならない。

 マレーシアのキャッシュカードの裏面に「PLUS」「Cirrus」のマークがあれば、日本のATMから引き落としができる(事前手続きが必要)。と過去記事で投稿したが、それができないと言うことだ。

 MM2Hの解約は、最短でも3日間掛かると告知されているが、ある方のブログには「当日解約できた友人が数人いる」と投稿されている。

 もし、そうならMM2Hをキープしたほうがいいかな?と、思い始めている。

 さて?どうすんべ~~~?

2019年3月14日木曜日

北海道に帰ろうか?その㉞

 昨日は、POS(マレーシアの郵便局)から日本へ船便で小包を送った。

 全部で7個。

 料金はRM718(約2万円)だった。

 小包の中身は、主に衣類。


 まあ、それにしても、大汗をかいた。

 我が家はアパートの4階なので、3回、階段を上り下りした。

 おまけに、POSは大きなビルの一角に入居していて、車から小包を下ろして階段を上がって、約40m歩かなければならない・・・・。

 POSでも、これを3回繰り返した。

 何で?こんな不便な場所にオフィスを置いたのだろう?

 利用者の利便性を考慮してほしいものだ。

 

 帰国まで、1か月とちょっと。

 玉子掛けご飯。
 
 タラコ。

 ポークウインナー。

 カレーの塩焼き。

 フキの煮付け。

 う~~早く、帰りたい。 

2019年3月13日水曜日

ゴムパッキンの自作

 カヤックの合体作業。

 接続部は、エポキシ樹脂にマイクロバルーンを混ぜたもので埋めたが、硬化が遅い・・・。

 エポキシ樹脂は、硬化剤と本液を1対2の比率で混合するが、電子計量器が壊れたので、アナログの計量器で今回は計った。

 電子計量器なら1g単位で計れるがアナログだと10g単位。

 かなり大雑把だ。

 なので、今回は比率を間違えたようで、ガチッと硬化しない。

 このままだと、作業が進行しない。

 サンディングができない・・・・・。

 どうすんべ~~~?



 トイレの水漏れ・・・・・。

 昨年の9月から悩まされていた。

 原因は、タンク内の給水塔のゴムパッキンの劣化だ。

 ゴムパッキンを交換すれば修理は完了だが、便器自体がもう20年以上前の代物なので、同一商品がない。

 似たようなパッキンをはめてみても、なかなか完全に直らない。

 ならば、パッキンを自作してやろう!!

 と言うことで、LAZADAからシリコンラバーシートを購入した。

 最初は1mm厚を購入したが、薄すぎた。

 次は3mmを購入したが、厚すぎた・・・・・。

 最初から、計測すりゃあいいのに、勘で大丈夫と思ったのが、大間違いだった。

 パッキンが収まる溝を計測すると、2mmだった・・・・・。

 アホだ・・・・・。

 
 さて、製作だが、元の古いパッキンをコピーして切断したら、緩かった。

 考えてみれば、当たり前だ。

 伸びたうえに劣化しているんだから、オリジナルのサイズを割りださなければ。

 これは、試行錯誤の上成功!!

 次は、切り出し。

 最初は、ハサミでやったが、綺麗にできないので、カッターで切り出し。

 これは結構綺麗にできた。

 で、いよいよはめてみた。

 直った!!

 なが~~~い便秘が解消したような気分だ。(便秘になったことがないので、多分こんな気分なんでしょう)

 と、喜んでいるとウオッシュレットのゴムパッキンを誤ってトイレに流してしまって、ここからも水漏れ・・・・・。

 これも同様に製作して、修理完了!!

 気分を良くして、レストラン123で朝食を摂って帰宅すると、細君が「トイレが水びだしだよ~~」とのこと・・・・。

 はて?修理は完璧だったはずだ。

 水漏れ箇所を探すと、また、タンクの別のパッキンから・・・・・・。

 これも、同じくパッキンを切り出して、修理完了!!

 はあ・・・・それにしても・・・・・。

 早く、北海道に帰りたい・・・・・。

2019年3月12日火曜日

北海道に帰ろうか?その㉝

 日本の検疫所への事前届出が数日前に終わって、昨日、「輸入事前届出確認通知」をNACCSシステムから印刷できるようになった。

 これで、猫の輸入に必要な書類がまた一つ揃った。

 あとは、「健康証明書」(FormC)を出発の7日前に、こちらのMAQISからエンドースメント(裏書)をもらって終わり。

 ただ、ちと心配なことがある。

 日本の検疫所はFormACを推奨しているが、エージェントは、「書類はこちらですべて準備する」と言っている。

 まあ、この辺のところは説明すればいいだけの話だが、もし、FormACを用いてもらえない場合は、どうしようか?

 この場合も、こちらの様式を日本の検疫所に送って、適否を判断してもらうしかない。

 

 カヤックの最後の合体作業を昨日から開始した。


 接続部は、マイクロバルーンとエポキシ樹脂で埋めて、サンディング後にグラスファイバーをエポキシ樹脂で硬化させて、塗装して完了。

 いや~それにしても合体させると、でかい!!


 ベランダに置くと、船体の半分が宙に浮かぶ。 

 が、海に浮かぶと、木の葉。

 木の葉は数グラムだけど、今回作成のカヤックは25Kgと、デブになってしまった・・・・。

 原因は、分厚いグラスファイバーを被せたためだ。

 でも、これだけ頑丈なら、ホオジロザメに頭突きをされても、ビクともしないと思う。

2019年3月10日日曜日

北海道に帰ろうか?その㉜

  NACCSによる事前届出が一応完了した。

 検疫所から「狂犬病抗体検査証明書の写しを送って欲しい」とのことで、スマホで撮影してメールに添付した。

 これで無事、到着予定日の40日以上前に届出を済ませることができた。

 が、1匹の猫を連れて行けるかどうか?微妙な状況。

 実はもう1か月近く「シャオシャオ」が入院中なのだ。

 シャオシャオはある日突然、食欲がなくなって寝たきりになった。

 トイレにも自力で行けなくなった。

 当初の診断は、何らかのウイルスに感染したのではないか?と言うことだったが、投薬をしても症状は改善しなかった。

 次に疑われたのが「トキソプラズマ症」だが、こちらも違うようで、症状は依然同じ・・・。

 最近になって、血液の電解質がアンバランスになっていることが判明した。

 病名は「アジソン病」。

 何らかの原因で副腎皮質ホルモンの分泌量が減少する病気だ。

 治療は、ホルモンを投与すればいいらしい。

 昨日見舞うと、以前より元気なっているが、痩せてガリガリ・・・・。

 昨日は、鶏の胸肉にかぶりついていたので、この食欲が続いてくれれば一緒に帰国できるかもしれない。

2019年3月9日土曜日

北海道に帰ろうか?その㉛

 猫の日本への輸出・・・・。

 ここ数日、滅入っていた・・・・。

 ANAcargoから教えてもらったエージェントは、通関業務をしていない。とのことで、そのエージェントから別のエージェントを紹介された。

 ここがマレーシアらしい・・・・・。

 各々のエージェントの業務を把握してないのかよ(怒)。

 エージェントとのコンタクトは、通訳もしているお友達に依頼していたが、「メールでやり取りをするそうだ。メールならあんたでも分かるでしょ」と言うことで、ふられてしまった。

 はあ・・・・・。

 まあ、今は機械翻訳も結構使えるし、誤訳は原文をチェックすれば大丈夫でしょ。

 
 ところで気になる運賃だけど、最初のメールで尋ねてみた。

 運賃はRM25 1Kgと回答が来た。

 と言うことは、ケージを含めて7KgとしてもRM175(約5千円)。

 意外と安いんだ。

 10万円と言われたら、帰国できなかった・・・・。

 運賃の他にもコストがかかるが、トータルでもRM300は超えないだろう。

 
 ところで、他社はどうなんだろう?

 見積もりは、数社に問い合わせるのが基本だ。

 MASkargoはマレーシア航空のグループ企業だ。

 で、MASkargoはKLIA内に、ペットホテルを有している。

 こりゃあ、いいぞ~~~~!!

 動物の輸出関連は、このホテルが一括しているとのことで、運賃を訪ねてみた。

 回答はRM18 1Kgだった。

 ANAcargoより安いし、ペットホテルも完備しているので、こっちの方がいいかな?

 ホテルによると、まず、予約するには「Airwaybill number」を取得する必要があるとのこと。

 何じゃそれ?

 ネット検索すると「運送状の番号」らしい。

 この番号で予約部門に予約を入れれば、終わりだが、書類や通関手続きは自分でやらなければならない様だ。

 私は知らなかったが、ランカウイ島にオフィスがある。

 そこから番号をもらってくれ。とのことだが、SMSを送っても返事なし・・・・・。

 直接電話をすると、SMSは受け取ってないと白を切る・・・・。

 名前を問いただすと、「俺は違う」と否認する・・・・。

 ダメじゃこりゃ~。

 仕方ない、アロースターにもオフィスがあるので、そこにメールを送った。

 直ぐに返信が来た。

 「どこの空港から日本に送るんだ?」

 「KLIA」

 それっきりこれっきり、音沙汰なし・・・・・。

 はあ・・・・・。

 早く、北海道に帰りたい・・・・・。

2019年3月4日月曜日

北海道に帰ろうか?その㉚

 帰国のためランカウイ島ですることは、山ほどある。

 細かいことまで書くと、数十項目になるだろう。

 でも、まだ、何も手につかない・・・・・。

 取り合えず、カヤックを完成させて、進水式と進水祝いをしないと、何もする気がしない。

 が、今週中か、来週中に済ませないとならない重要事項がある。

 それは「事前届出」。

 猫を日本に輸入するためには、到着日の40日以上前に、検疫所に届ける必要がある。

 届出は「NACCS」というシステムで、ネットからも出来るので楽ちんだ。

 もし、到着予定日やフライト便名が未定でも、40日前までに届け出を済ませておけば、決まってから「変更届」を提出すればOK。

 その場合、個体の追加や個体の変更、日時の前倒しはできないが、後日に変更することはできるので、早めに届出をしようと思う。

 ただ、ANA Cargoなら全ての猫を一度に運ぶことができるが、旅客機に分乗させるなら「個体の変更」が必要になる。

 でも、個体の変更はできない。となっているので、カーゴか?旅客機か?どちらで運ぶか?早期に決める必要がある。
 
 もし、旅客機に分乗させるなら、助っ人を頼んで4機位に分乗させる。という離れ業もありえる。

 さて、どうすんべ~~~~?

2019年3月3日日曜日

北海道に帰ろうか?その㉙

 過去記事で投稿した旅客機での猫との同乗。

 ANAから2日後に断りの電話が来た。

 担当者によると「4檻までなら乗せられる」ということだった。

 依頼した際は、空きさえあれば乗せてくれそうな雰囲気だったが、国際線は、乗客のトランクが大きいし、大抵の乗客は貨物室に預けるので、結構スペースが少ないのかもしれない?

 で、JALにも電話してみた。

 こちらは1時間後に回答が来たが、ANA同様ダメだった・・・・・。

 やっぱり、エアーカーゴで運ぶしかないか。

 と言うことで昨日、ANA CargoのKL支店に電話して、エージェントを教えてもらった。

 エージェントとは、SMSでやり取りをするつもりだったが、慎重を期して、ここは通訳もしているお友達にお願いした。

 ところで、KL~羽田の運賃はいくら位かかるんだろう?

 ANAは、1檻250米ドルと言っていたが・・・・・。

 10万円と言われたらどうしようか?

 もし高額なら、私と細君が別々の旅客機で2~3回に分けて、連れて行くしかない。

2019年3月1日金曜日

北海道に帰ろうか?その㉘

 カヤックは、合体して、グラスファイバーを硬化させて、塗装をするだけ。

 2日もあれば進水式ができるが、背筋の肉離れが完治するまで我慢しようと思う。

 痛みは、昨日あたりから消失したが、ここで重量のあるカヤックを持っては再発する可能性がある。

 なので、もう数日様子を見よう。


 帰国まで2か月を切った。

 当初は、4月末ころを予定していたが、考えてみればゴールデンウイークのど真ん中だ。

 なので、航空運賃が高いし、多分、ホテル代も高い・・・。

 さて、どうしよう?


 猫の狂犬病抗体検査のための採血日から180日間以上経過しなければ、日本に輸入できない。

 過去記事でも投稿しているが、猫の輸送はエアーカーゴしかない。

 旅客機では、制限があって乗せることができない。

 エアーカーゴに乗せるには、エージェントに依頼するしかないが、過去に酷い目に遭っている・・・。

 エージェントを介さないで乗せる方法はないものか?

  エアーDOは、羽田と旭川のフライト便に猫を乗せてくれることで確約済みだ。 

 ANAはどうだろう?

 で、先程、ダメもとで電話してみた。

 回答は、数日後になるようだ。

 これが決まれば、全てのホテルや交通機関の予約ができる。

2019年2月26日火曜日

突然のブログ中止が心配だな~~~・・・・・。

 昨日でカヤックの艤装は完了した。

 それじゃあ、合体しようか?

 となったが、どうも背筋の肉離れが悪化したようだ・・・・。

 なので、合体はしばらくお預け。

 進水式は、来月初旬に持ち越しかな?


 
 細君が愛読していたブログが、昨年、突然更新が止まった。

 西日本豪雨の後だったので、被災されたのか?と心配だった。


 最近の私立探偵は、尾行張り込みより、パソコン画面とにらめっこしている方が長いそうだ。

 フェイスブックやインスタグラム、ブログなどから対象者の情報を入手するためだ。

 それじゃあ、私もやってみるか!

 細君の愛読ブログの画像を調べた。

 すると、自宅らしい画像に表札が写されていた。

 そこから氏名が判明して、電話帳検索で住所も分かった。

 グーグルマップで自宅周辺の画像を表示させると、ブログに投稿された自宅周辺の景色とも一致した。

 その方の自宅は、被災地域外であった。

 取り合えず、良かった。

 が、突然のブログ中止が心配だな~~~・・・・・。

2019年2月25日月曜日

4代目は、オホーツク海に浮かぶかな?

 カヤックの艤装は、本日で完了しそうだ。

 ハッチは、昨日無事収まった。


 穴は、ジグソーで意外と簡単に修正できた。

 本日は、ネジ止めして完了。


 そして、合体!!

 
 船名は「Youzen MaruⅢ」。
 
 初代Youzen Maruは17フィートのモーターボートで、2代目が12フィートのマリブカヤックス ステルス12。

 で、これが3代目と言うことなのだ。

 船体のどこに船名を入れようかな?

 4代目は、オホーツク海に浮かぶかな?

2019年2月24日日曜日

漂流は嫌だな~~~・・・・・。

 背筋の肉離れ・・・・。

 昨日から少し動けるようになったので、カヤックの艤装をやった。

 デッキコード張りは、30分もかからないで完了したが、ハッチの取り付けが容易ではない。


 ハッチの直径より、ハッチベースのホールが狭い。

 何で?こんなことになったのか?

 カット時にどじったか?

 エポキシ樹脂を塗りすぎてしまったのか?

 どちらにしても、ホール直径を1mmほど広げないとならない。

 で、削ってからまたエポキシ樹脂の塗布。

 こりゃあ、絶対、26日までに完成は無理だ。

 ところで、このハッチの穴がある部分が浮沈構造部となる。

 もし、沈して波が高く、再乗艇できないで漂流した場合、この中にある空気が浮力となる。

 なのでハッチの取り付けは完全を期す必要がある。

 でももし、ハッチから浸水したとしても、さらに内部が仕切られていて、完全密閉されているので浮力が残る構造となっている。

 だが、漂流は嫌だな~~~・・・・・。

2019年2月23日土曜日

進水式が延びそうだ。

 カヤックの塗装が昨日で完了。

 午後から艤装の予定だったが、お昼頃、突然背中の痛みに襲われた。

 最初はちょっとした違和感から、次第に痛みが増幅して、20分後には歩くのがやっとの状態に・・・・。

 どうしたんだろう? 

 原因は何だ?

 そう言えば最近、満水のバケツを持ち上げることが多い。

 1週間ほど前、また、水洗トイレのタンクのゴムパッキンが原因で、水が止まらなくなった。

 なので、バケツの水で流している。
 
 昨日の朝も、満水のバケツをキッチンのシンクから床に下ろした。

 ちょっと重いと感じた。

 その時にやっちゃったのかな?

 痛みの程度からどうやら「肉離れ」のような気がする。

 今朝はだいぶ動けるようになったが、カヤックの艤装は無理だな~。

 26日までにカヤックを完成させて、進水式をやろうと思っていたが、ちと、延びそうだ。

2019年2月22日金曜日

帰国したら、また、作ってみようかな?

 カヤックの塗装は、多分、今日で完了。


 もし塗装が乾燥したら、午後から艤装をしようか?

 それとも、合体処理をしようか?

 どうすんべ~~~~?

 合体したら全長が4.85mなので、もう寝室の作業部屋では製作が無理だ。

 ベランダで船体の一部を外に出して、手摺にもたげてやるしかない。

 と言うことで、本日はハッチやデッキコードの取り付けをしようかな?


 カヤックが完成したら、精神的な一区切りがつく。

 いつも心の片隅に「完成させなかきゃ」と言う、焦りがあった。

 中途で投げ出しては後味が悪いし、そんな自分を許せない・・・・。

 それに、格安でカヤックの設計図を提供されているIno様に対しても、申し訳ない・・・・。

 何とか、「ランカウイ島の海に浮かばせてやりたい!」の一心で、頑張ってきた。

 製作過程で、いろいろ挫折があった。
 
 エポキシ樹脂の塗布でムラムラが出来て、何度剥がしては塗ってを繰り返したことか。

 それとグラスファイバーのグラッシングで、こちらもムラムラになって、サンディングマシーンやグラインダーで修正するのが大変だった。

 一時は、放り出していたし、カヤックを見るのも嫌な時があった。

 製作を開始したのは2017年2月6日だった・・・・・。

 完成までに2年以上を要した。

 帰国したら、また、作ってみようかな? 

2019年2月21日木曜日

ちと、無理かな?

 カヤック内部の塗装は、昨日で終わらなかった。

 何で?組み立て前に気が付かなかったのだろう・・・・。

 無理な姿勢で塗り続けるので、腰と膝が痛い。

 30分でギブアップ。

 まあ、見えない場所(浮沈構造部)は塗らないので、二度塗りしても今日と明日で塗装は終わると思う。


 上記画像の白ラインは、マスキングテープ。

 テープをはがす瞬間が楽しみだ。

 船体カラーは、白と黒とオレンジ。

 別に、巨人ファンではないが、メリハリがついていいかな?と思った。

 元々は3分割艇だったが、合体するには14本のボルトを締めなければならない。

 意外と面倒だったので、一体型にしてしまうことにした。

 施工は簡単。

 接続部のボルトを締めて、グラスファイバーを巻いて、エポキシ樹脂で硬化してしまえばいい。

 最後に塗装して完了。

 26日は、結婚記念日らしい・・・・。

 進水祝いも兼ねて、どこかのレストランで祝おうと思っているが、あと5日しかない。
 
 ちと、無理かな?

2019年2月20日水曜日

アヒージョはビールに最高!!

 帰国準備やら子犬や子猫のレスキューで、カヤック制作が中断していたが、数日前から再開。

 塗装をして艤装をするだけだったが、纏まった時間と作業部屋を確保できず、ほったらかしにしていた。
 

 今日は、カヤック内部を塗装(組み立てる前に塗装するべきだった)して、その後は2分割を一体型にする。

 で、艤装して完成!!

 ちと、気が早いが、進水祝いはどこでやろうかな?




 ずっと気になっていた単語だ。

 レシピを検索していると時々出会った。

 料理の名称は、何だか?難しい印象を受ける。

 で、調べてみたが、私でも簡単にできることが分かった。


 先日購入して塩漬けにしていたサワラやキノコ、トマト、ピーマンをオリーブオイルとニンニクで煮込んだ。

 皿に盛ってから、セロリを載せて完成!!

 過去記事で、「最近はごちゃごちゃして脂っこい料理は受け付けない」と投稿したが、アヒージョは意外にしつこくない。

 ビールに最高!!

 リピあり。

2019年2月19日火曜日

どうやら、ジャングルで採取してきたようだ。

 先日買った「舌平目」・・・・。

 犬の舌大で、おまけに身が薄い・・・・。
 
 皮ごと骨から身をほぐすと、皮なのか?身なのか?わからん・・・・。

 安い魚には、それなりの理由があるようだ・・・・。


 
 1か月以上、蚊に刺されまくっていたが、窓枠の切れ込みを塞いでから、一度も刺されてない!!

 やはり、蚊の侵入箇所はここだった。



 正月休みでサラワク(ボルネオ島)に帰省していたおばちゃんから果物を頂いた。

 

 ホオヅキ?

 割ってみると、中は中空ではない。

 中心部に黄色の果実が入っていて、酸味が少しある。

 ネットで調べてみたが、名称は不明だ。

 そして次はこれ!


 竜眼?

 皮に突起がある。
 
 割ってみると、確かに竜眼だが、黒い種子を覆っている皮が薄い。

 流通している竜眼は、種子を覆っている皮に厚みがあってここを食す。

 どうやら、ジャングルで採取してきたようだ。

 多分、どちらも原種と思われる。

 思わぬところで、珍しい果物を食すことができた。 

2019年2月17日日曜日

そろそろマレーシア暮らしも、限界点に達していたのかな? 

 先日、レストラン123で食べた細長い魚は、太刀魚じゃなくて「舌平目」だった・・・・。

 どこをどう勘違いすれば、太刀魚を舌平目と誤認できるんだろう。

 まあ、どちらも食べたことがなかったので。と、弁解しておこうか・・・・。

 で、今朝、朝市で買って来た。


 舌平目。

 1枚だけ、牛タン大があったが、他はほんとに犬の舌サイズ。
 
 これだけ買ってもたったのRM4(120円)。

 同じ魚屋で「サワラ」があったので1本まんま買って来た。


 計量してないが、多分1Kg位。

 RM32(960円)だった。

 両方とも、塩焼き。

 最近は、アッサリ系の食事が多い。

 ごちゃごちゃして脂っこいものは、食欲中枢が受け付けなくなった。

 ほんの些細なことで帰国を決断したが、やっぱり、そろそろマレーシア暮らしも、限界点に達していたのかな? 

2019年2月15日金曜日

やっぱ、年かね~~~~・・・・・。

 5日前頃に、少し強い雨が30分ほど降ったが、乾き切った台地には「焼け石に水」状態だ。

 だが、枯草の一部が再生しているので、植物たちも一息ついたかも?

 


 昨夕は、午後4時半ころから飲酒開始・・・・。

 いつもより30分早い位だから、誤差の範疇だろう・・・・。

 最近は、蒸留酒は飲まない。

 どうも体質に合わないような気がする。

 たま~にワインは飲むが、ほとんどビールオンリー。

 この方が、ダメージが少ないようだ。

 昨夜は、飲み終わってコップをキッチンに下げ、茶の間に戻ろうとした際、段差に左足のつま先をぶつけた。

 大して痛くもなかったが、指を見ると血まみれだ。

 段差付近も血が飛び散っている・・・・・。

 親指の爪の先が折れた・・・・。

 はあ~・・・空間認識力が低下している・・・・。

 やっぱ、年かね~~~~・・・・・。

2019年2月13日水曜日

もう1か月間以上、刺されまくって、精神的にも限界が来ている・・・・。

 毎晩、毎晩、蚊に刺されまくっている・・・・。

 なので、寝不足・・・・。

 寝不足がたたって、体調不良。

 夜に寝ているのか?日中に寝ているのか?境界線が曖昧だ。


 侵入が疑われる

  1. ドアと床の隙間
  2. 照明器具の配線に開けられた天上の穴
  3. エアコンのダクトの壁の穴
などを塞いだが、効果なし・・・・。

 もう1か月間以上、刺されまくって、精神的にも限界が来ている・・・・。

 夢にも出て来る・・・・。

 そして、それが現実となって、現れる・・・・。

 はあ~・・・・。

 もうだめだ・・・・・。

 
 侵入が疑われる箇所は、大方チェックした。

 が、蜂の侵入方法について検討した結果、エアコンの排水パイプじゃない。と、推定された。

 排水パイプは通れるが、エアコンから室内には、出られないような気がする。

 それじゃあ、どこだ?

 昨日早朝、エアコンから蜂が落ちて来た。と、思っていたが、もしかしたら、その横にある

 窓じゃないだろうか?

 あった・・・・・。

 2か所・・・・。

 1cm×5mm大の長方形型の隙間がある。

 これは、窓枠に切られたレールを通すための、切れ込みだ。

 これだけの隙間が開いていれば、蚊は楽々侵入できる。

 取り合えず、テープで塞いで様子を見よう。と、思う。

 が、今夜、また、刺されたら、どうすればいいの? 

2019年2月12日火曜日

生れて初めて「皿洗い」と言うものを経験した。

 昨日、レストラン123のミセスマギーが、紙片に「人日」と書いた。

 何のこっちゃ?

 彼女によると「七日正月」のことだそうだ。

 そう言えば11日は、5日から数えて丁度7日目か。

 人日には、粥を食べて祝うそうだが、日本の七草粥も中国から伝わって来たんだろうな。 



 レストラン123のお手伝いは、昨日で終わった。

 4日連続だった・・・・・。

 さすがに、3日目から体に怠さを感じた。

 本日は、レストランはお休みだし、サラワクのおばちゃんも正月休みが終わって帰って来るので、お手伝いも昨日で終了!!

 生れて初めて「皿洗い」と言うものを経験した。

 量が半端でないので、あれを一日中やっていたら、気が狂いそうだ。

 アルバイトが、ずる休みしたくなる気持ちも、少しは分かる気がする・・・・。 

2019年2月11日月曜日

また、命綱をつけて窓から出ることになるが、前回より難易度は高い・・・・。

 今朝は午前3時起床・・・・。

 また蚊に刺されて、目が覚めた。

 蚊を退治しているうちに、眠気が消失。

 仕方なくネットニュースを読んでいると、頭上のエアコンから何かが落下してきた。

 ヤモリか?

 落下地点に目を凝らすが、何もいない。

 間もなく蛍光灯が、またパチパチ。

 昨日に続いて蜂が侵入!!

 と言うことは、蜂や蚊はエアコンの排水パイプから侵入するのか?

 排水パイプは、雨樋の配管に挿入されているので、ここからの侵入を疑ったことがなかった。

 対処法としては、排水パイプの先を、網で覆ってしまえばいいだろう。

 また、命綱をつけて窓から出ることになるが、前回より難易度は高い・・・・。

2019年2月10日日曜日

お盛んですな~・・・・・。 

 一昨日の夜、就寝中に何かが右腕に当たった。

 暗闇に目を凝らしたが、猫ではない。

 慌てて照明を点灯すると、大きなゴキブリ・・・・・。

 どこからどうやって?室内に侵入したの?

 塵取りと箒を取りに行っている間に、猫パンチを喰らって、仰向けにひっくり返って、バタバタしている。

 なので、容易に確保!!

 玄関からお出になってもらった。


 今朝のこと。

 午前5時半ころに目が覚めて、ネットニュースを読んでいると、蛍光灯にパチパチと何かが当たる音がした。

 天上を見上げると、大きな蜂!!

 日本で言うならスズメバチ大の蜂だ。

 あんたも、どうやって入ったの?

 蜂さんには、死んで頂いた・・・・・。

 刺されるので・・・・。

 それにしても、先日、壁のエアコン用の穴を塞いだばかりなのに、虫はどこから?侵入するんだろう?

 謎だ・・・・・。



 本日の記事、久しぶりに「クロベー」が登場!!

 クロベーとは、我がアパートの隣の中華会館を根城にする野良犬の名だ。

 体色が真っ黒なので、こう呼んでいる。

 クロベーは、何度か大怪我をして、治療してやったことがある。

 今も後頭部から首にかけて十字型の傷跡がある。

 丘の林の中に、子犬3頭とその母親が住んでいて、毎日餌を与えている。

 多分この丘には、10頭前後の犬の群れがいて、この親子もその群れの仲間だ。

 子犬は、2頭が真っ黒で、1頭が黒と薄茶色。

 母親は白黒。

 群れの中には、真っ黒い犬がいないので、どうしてこんな毛色の子犬が産まれたの?と、不思議だった・・・・。

 一昨日の朝、いつものように子犬に餌を与えていると、仲間も現れた。

 子犬の餌を横取りしようと、待ち構えているのだ。

 なので、子犬たちがある程度お腹が膨れるのを待って、その場を離れるようにしている。

 一昨日の朝も、ある程度待ってから離れようとした。

 その時、真っ黒い犬が現れた!!

 そっか!あんたが父親なのね。

 お初にお目にかかります。

 と、顔を見ると、どこかで見たような・・・・。

 後頭部から首に大きな十字型の傷跡・・・・。

 おまえは「クロベー」!!!!

 根城にしている中華会館から丘までは、直線距離で約700m。

 まあ、犬にとっては遠い距離ではないが、クロベーは中華会館の群れに所属しているので、丘の群れにも出張っていることに驚いた・・・・。

 お盛んですな~・・・・・。 

2019年2月9日土曜日

もう少し、上品に食えないもんかね~~~・・・・。

 過去記事で「次回は太刀魚を刺身で食べたい」と、投稿したが、とんでもない。

 あれから塩焼きで食ってみた。

 白身で味はいいのだが、ニシンどころではない骨骨骨骨骨・・・。

 身を食べるより、骨を取り除いている時間の方がはるかに長い。

 それじゃあ、圧力鍋で骨まで食べられるように煮てしまえ。

 と、やってみたが、さすがフィッシュイーターだ。

 圧力鍋も歯が立たず・・・・。

 撃沈・・・・。

 廃棄・・・・。

 

 昨日の朝は、いつものとおり近所の「レストラン123」で朝食。

 食べ終わる頃から、お客が入るわ!入るわ!

 従業員のサラワクのおばちゃんは、正月休み。

 新入りだが、なかなか手早い従業員は、ずる休み・・・・。

 見かねて、店の手伝いを開始。

 4時間、頑張った。

 当然、無料奉仕だ!

 細君は、食器洗い。

 私は、テーブル清掃。

 まあ、それにしても、食い方が汚いわ!!

 もう少し、上品に食えないもんかね~~~・・・・。

2019年2月8日金曜日

なんとなく・・・効果があったような気がする・・・・・。

 楽天から、帰国直後に直ぐに必要であろう。と言う商品を色々購入している。

 マレーシアのLAZADAなら、注文確定から受け取るまで、最低でも1週間~10日は掛るが、日本だと数日だ。

 やっぱ、やる気が違うわ!!

 それに、宅配業者もしっかりしている。

 マレーシアのように、配達した振りを偽装して、オフィスまで取りに来させる。と言うせこいこともしない・・・・。

 まあ、いつもマレーシアの悪口を書いているが、事実だから仕方ない・・・・。



 もう彼これ、1か月以上、雨なし・・・・。

 毎日、晴天続き!!

 これが、最後のマレーシアでの乾季体験。

 だけど、もういいわ!!


 乾季は、蚊が多い。

 過去、1か月ほど、毎晩のように蚊に刺されている・・・・・。

 それも、一番眠たい午前1~4時ころ。

 色々、侵入経路を検討してみた。

 一番疑わしいと、ここ数年間疑っていた箇所が、エアコンの室内機と室外機をつなぐ配管用の壁に開けられた「穴」。

 日本ならこの穴は、壁の屋外側をパテなどで密閉するが、さすがマレーシア・・・・。

 そのまんま・・・・。

 何でも、大雑把・・・・。

 まあ、ローカルは、幼いころから蚊に刺されまくっているので、刺されても腫れないのかもしれない?

 そうだ、一度、この件に関して尋ねてみよう!

 帰国まで3か月を切ったという今頃になって、この穴を塞ぐことにした。

 材料はこれ!


 粘土!

 英語では「clay」と言う。

 チャイニーズニューイヤーで、文房具専門店はクローズ。

 スーパーの文房具売り場で「Do you have a clay?」と尋ねるも「clay」を理解してくれない・・・。
 
 マレー語を事前に調べてくればよかった。

 あちこち回って最後のスーパーで、ボディランゲージを交えて「Making cat and dog」で、ようやく理解してくれた。


 我が家は4階なので、命綱をつけて窓から出て、この穴を塞いだ。

 帰国目前で、こんなことで転落死しては、うかばれない・・・・。

 まあ、即死ならあと腐れないが、生きる屍となってしまっては、私自身も辛いし、細君や両親にも迷惑がかかる・・・・。

 無事、工事完了!!

 なんとなく・・・効果があったような気がする・・・・・。

2019年2月7日木曜日

これだから、マレーシアは嫌なんだよな~~~・・・・・。

 今回のペナン島参りで、毎度のことだがまたまたトラブル発生。

 ペナン空港でグラブにリクエストしようとしたが、グラブに登録しているエアーアジアのデビットカードが使えない。

 マイページにログイン出来なかったことは過去記事で投稿したが、まさかカードがロックされているとは、思わなかった。

 前回使用時も「プロセスが進行できない」と、SMSが送信されてきたが、翌日に引き落とされた。ということがあった。

 どうもシステム上の不具合だと思われるが、もうここのカードは信用できないので、廃棄しようと思う。

 で、仕方がないので現金払いを選択して、ペナン空港からホテルに向かった。

 ホテルまではRM26と、予定料金が表示された。

 ニコニコ現金払いもいいが、小銭で払うのが面倒なのでワレットの方が便利だ。

 ホテルに向かう車内で、グラブのマイページのワレットにRM100を銀行から振り込んで、今後、ここから支払いをすることにした。

 ホテルに到着してお金を払ったが、その後、ワレットからも同額が引き落とされていることが判明した。

 ダブルチャージじゃん!

 グラブにも苦情を申し立てるページがあるので、早速、そこから「リファンドしろ~~」と、送信したが未だに金は返金されない。

 これだから、マレーシアは嫌なんだよな~~~・・・・・。 

2019年2月5日火曜日

出発の24時間以内は、システム上銀行振り込みでの購入ができない・・・・。

 昨夕、ペナン島から帰島した。

 州立病院での細君の心臓検査が、今月の19日の予定だったが、当初から阿保か?と思っていた。

 まあ、それまで様子見で、いよいよやばいとなったら、検査を受けてみようかと思っていた。

 が、数日前から不整脈が2時間とか3時間、続くようになった・・・・。

 運悪く、チャイニーズイヤーが目前だ。

 こりゃあ、その前に検査を受けた方が、良さそうだ。

 で、一昨日、エアーアジアのチケットを購入しようとした。

 当日券だ!

 朝、購入して、夕方に出発と言う最悪のコストパフォーマンス。

 でも、もしかしたら細君の命に関わることなので、そうも言ってられない・・・・。

 いつものとおり、夕方出発して翌日の夕方に帰島する便を購入しようとした。

 支払いは、銀行振り込みを選択したが、出発の24時間以内は、システム上銀行振り込みでの購入ができない・・・・。

 知らなかった・・・・。

 で、エアーアジア発行のデビットカードで払おうとしたが、残高が足りない。

 なので、リロードしようとしたが、何故か?マイアカウントにログインできない・・・・。

 3回以上ログインに失敗すると、ロックされてしまう・・・・。 

 撃沈・・・・・。

 結局、エアーアジアのチケットは購入できなかった。

 さて、どうしよう?

 フェリーとレンタカーでは、体調が急変した際に対応できない・・・・。

 待て待て、ファイアーフライで飛ぶという手もある。

 こちらは出発の24時間以内でも、銀行振り込み可!!

 無事ゲットして、ペナン島のアドベンテストホスピタルを受診することができた。

 結果は「異常なし」のようだ・・・・。

 不整脈の原因は定かではないが、長期間続いた風邪や喘息発作、薬物の副作用かも知れない?

 まあ、取り合えず一安心。ってところかな? 

2019年2月1日金曜日

今夜は塩焼きで、次回は刺身で食べたい。

 以前から市場で気になっていた魚がある。

 北海道では獲れないので、食したことがない。

 が、先日、「レストラン123」で長方形の魚の素揚げを食べた。

 これはどう考えても、太刀魚だ。

 身は白身で、癖がない。

 で、今朝、市場で買って来た。


 日本の太刀魚とは、ちょっと魚体の形状が異なるが、太刀魚でしょう。

 価格は1Kg RM8と白身魚として、破格の値段だ。

 上記写真で2Kg。

 4尾なので、1尾は500gってところか。

 今夜は塩焼きで、次回は刺身で食べたい。

2019年1月30日水曜日

州立病院の悪評は聞いていたが、ここまで酷いとは思わなかった。

 クリニックで「心臓の検査をした方がいいですよ」と言われ、ドクターに紹介状を書いてもらって、州立病院を受診した。

 16日に紹介状を持参すると「3日以内に連絡します」と言うことで、その日は紹介状を渡しただけで帰宅した。

 それから待っても待っても、連絡が来ない・・・・。

 諦めかけた12日後の28日にようやく「明日午前9時に来てください」と連絡が来た。

 で、翌日の29日に行くと、採血されただけで、心臓の検査はできなかった。

 「明日また来てください」と言うので、今度こそ検査ができるのか?と思った。

 1時間待たされて呼ばれた。

 ドクターに症状を話した後、待合室で待っていると、また呼ばれた。

 やっと検査ができる!!

 と思っていると、予約票のようなペーパーを渡された。

 そこには「19 2 2019」と日付が記載されていた。

 これって、ひょっとして、検査の日付?

 担当者に確認すると「そうです」と・・・・・。

 失礼だったが、細君と二人で思いっきり笑ってしまった・・・・。

 阿保か!

 これでは、助かる者も助からない。

 「キャンセルしたい」と告げると「何故ですか?」と・・・・・。

 州立病院の悪評は聞いていたが、ここまで酷いとは思わなかった。

 おまけに高い!!

  1. コンサルタント料 RM120
  2. 血液検査料 RM340
 ペナン島のアドベンティストホスピタルなら、血液検査は確かRM200位だ。

 民間病院より州立病院の方が診療費が高いって、どういうことなんだろう?

 何でも州立病院では、60歳以上は無料だそうだ。

 その分、外国人にふっかているのかな?

 もう、受診することはないだろう・・・・・。

2019年1月29日火曜日

天気予報なんて誰も見ないか!

 もう3週間は、雨らしい雨が降ってない。

 さすが、乾季だ。

 が、何故か?涼しい。

 今朝午前9時半ころの気温は28.1℃。

 いつもなら寝苦しい夜が続いているはずだが、意外と夜も涼しい。

 日本なら、気象予報士が解説してくれるところだが、マレーシアではテレビの気象解説なんてない。

 それ以前に、マレーシアに気象予報士なんているんだろうか?

 まあ、雨季は「今日も雨が降るでしょう」、乾季は「今日も晴れるでしょう」なんて毎日天気予報で同じことを解説することになるだろうから、天気予報なんて誰も見ないか!



 完全回復したと思っていた風邪が、尾を引いている。

 まだ、少し痰がらみがある。

 が、昨日、小さい塊が出てから、かなり良くなった。

 しかし、今度はクシャミと鼻水。

 今回の風邪は、時間差攻撃が得意なのか?


 細君も、ず~~っと喉に引っかかっていた大きな塊が昨夜、ポロッと出たそうだ。

 細君が発病してからもう少しで1か月。

 感染源と思われるお友達も1か月掛ったので、やはり発生源はここか?

 私も細君も、この風邪にはほとほと嫌気がさしている。 

2019年1月28日月曜日

一時帰国したときに、ハッカスプレーを買っておけばよかった。

 帰国まで、残すところあと3か月・・・・。

 何が嬉しいかって、蚊に刺されることがなくなることが嬉しい。

 乾季に入ってから、毎晩のように就寝中に蚊に刺され、目が覚める。

 目が覚めて、照明を点灯して、床に着陸している蚊を発見できれば、ピンポイントで殺虫剤をスプレーすれば、処理完了。となるが、発見できなければ部屋中に噴霧しなければならない。

 臭いし、健康に悪そうだ・・・・・。

 乾季に入って蚊の生息数が増加していると思われるが、室内への侵入経路が特定できない。

 ドアを開けたときに侵入されるのか?どこかの隙間から侵入するのか?が、不明なのだ。

 北海道なら、0℃以下となる11月から4月くらいまでの半年間は、蚊とは無縁の世界となる。

 それ以外の季節でも、室内で刺されることは少ない。

 大抵、山菜取りや釣りをしている屋外で刺されるが、ハッカスプレーを服に噴霧しておけば、蚊は1m以内に近づけない。

 あ~あ、一時帰国したときに、ハッカスプレーを買っておけばよかった。

2019年1月27日日曜日

1泊、最低でも3万円以上なので、ちと、無理か?

 ハッと気づけば、かれこれ1週間近くもブログを更新してなかった。

 細君が、風邪と喘息発作で動けなかったので、もっぱら家事雑用に明け暮れていた。

 が、一昨日、東京のお友達ご夫妻とも、再会を果たすことができた。

 昨日もランチをご一緒した。

 下記画像は「Casa Del Mar Langkawi」のレストランで食べたサラダ。


 やっぱ、★★★★★ホテルの料理は上品だわ!

 レストランからは、ホワイトビーチと青い海が、これぞ南国!と言わんばかりのコントラストで、目に飛び込んでくる。


 本当に、ここはランカウイ島?

 私の住んでいるアパートとは、えらい違いだわ!

 今朝も、アパート前では水牛の群れが草を食んでいた・・・・・。

 帰国したら、マレーシアに旅行に来ることはないと思うが、でも、こう言う高級ホテルに滞在するなら、来てもいいかな?

 まあ、1泊、最低でも3万円以上なので、ちと、無理か?

2019年1月21日月曜日

35年間も占領していたんだから、恨まれても仕方ないか?

 風邪が、ほぼ完治!!

 試しにレジェンダバークで5Km歩いてきた。

 異常なし。



 2か月ほど前のこと。

 公園内のビーチ沿いの樹木の幹に「L〇〇〇」番と番号がふられた。

 何の意味?

 と思っていると、バッサリと幹の梢が切られてしまった。


 大きく広げた枝が、焼けつくような太陽光を遮ってくれて、ビーチ前は憩いの場であったが、これじゃあ、台無しだ。

 どうしてくれる。

 まあ、ここは南国・・・・・。

 2~3か月で、原状回復するでしょ!!


 公園内には、ランカウイ島の神話を壁画に描いたモニュメントがある。

 神話を読んだことがないので、壁画を見ても意味不明。

 でも、こんなものが描かれていた・・・・・。


 「旭日旗」??

 どこかの誰かさんは、これを見たら異常反応するんだろうな!!

 まあ、35年間も占領していたんだから、恨まれても仕方ないか?

2019年1月20日日曜日

私は許すことができなかった・・・・・。

 あまりこう言うことは、ブログで公開することは適切ではない。と思うが・・・・・。

 もう10年以上前のことだが、拙ブログの読者の方とお友達になった。

 海外旅行に一緒に行ったり、食事をしたりと、家族のようなお付き合いをさせていただいた。

 4年程前、ご夫婦で我が家に5泊6日で遊びに来た。

 いつもそのご夫婦は、フェイスタオルを持参しないので、我が家にあるタオルをお貸ししていたが、ちと古くなって色が悪い。

 お客様に出せるような代物ではない。

 なので、ご夫婦のために新しいタオルを2本購入した。

 滞在中は、それを使っていたが、彼らが帰ったあと、我が家に見慣れない汚いタオルが残されていて、新調したタオル2本が消えていた。

 この出来事以降、お友達付き合いを解消した・・・・・。

 些細なことかもしれないが、私は許すことができなかった・・・・・。 

2019年1月18日金曜日

別れが辛いな~~・・・・・。

 風邪がよくならない・・・・・。

 熱はないが、細君も私も咳が止まらない。

 汚い話だが、痰がまだ出る。

 これさえなくなれば、完全回復を宣言できるのだが・・・・・。

 実は、東京からお友達ご夫妻が避寒に来られる。

 「20日に一杯やろう」と張り切っていたが、この状態では、風邪をうつしてしまいそうなので、諦めた。

 今回の風邪は、フェリー内で感染したと思っていたが、症状から推察するに、中華系のお友達が感染源の様だ。

 彼女は、回復まで1か月を要した。

 まあ、私達は毎日のんびり暮らしているので、そこまではかからないと思うが、それにしても、今回の風邪はしつこい・・・・・。



 ヤギ花がイポーにもらわれて行って、10日が経過した。

 毎日「どうしているだろう?」と、心配しているが、もう、私たちの手から離れてしまったので、心配してもどうなるものでもないが・・・・・・。

 
 昨年の暮れのこと。

 バイクで丘を登っていると、道路脇に子犬3頭と母犬がウロウロしていた。

 子犬は痩せていて、今にも餓死しそうだ。

 すぐ、ドッグフードを取りに、自宅に戻った。

 それ以降、毎朝夕、与えている。

 親子の住処は、丘の林の中。

 朝と夕方は、丘から見渡せる位置で、私が来るのを今か?今か?と待っている。

 私を見つけると「ワオ~ワオ~ワオ~ワオ~ワオ~ワオ~」と、雄叫びを上げなら、一列縦隊で走ってくる。

 もう、可愛くてしょうがない・・・・・。

 1頭の子犬が、ヤギに似ている・・・・・。

 連れて帰りたいくらいだが、そうもいかない・・・・・。

 帰国まで3か月半。

 それまでには、子犬たちも大きく成長すると思うが、別れが辛いな~~・・・・・。

2019年1月14日月曜日

これで、我が家の猫勢力図が、塗り替えられるかな?

 細君は、昨日から別のクリニックを受診。

 昼と夜、ネブライザーを掛けているが、なかなか喘息発作がよくならない・・・・・。

 あと、1週間で回復するだろうか?



 昨日のこと。

 外出先から帰宅すると、トイレが血の海だ!!

 まるで、殺人現場!!

 誰と誰が喧嘩したんだろう?

 猫チェックの結果、「ダン」と「カギ」が大喧嘩をやったようだ。

 ダンの右足の人差し指の爪がもげている・・・・・。

 毛の散乱状況からすると、数分間は戦い続けたようだ。

 ダンは、お山の大将気分で、普段から親分風を吹かせていたが、とうとう子分が愛想を尽かせて、反撃に出た。ってところか?

 ダンは、温室育ちの世間知らずで、井の中の蛙。

 反対にカギは、1歳弱まで生存競争の激しい野良を経験しているので、カギからすればダンは、甘ちゃん親分。

 これで、我が家の猫勢力図が、塗り替えられるかな?

2019年1月11日金曜日

北海道に帰ろうか?その㉗

 我が家の猫トイレの砂は一般的に使用されている「ベントナイト」だ。

 よく固まるし、価格も高くはない。

 が、粉塵が散逸するのが、これから北海道暮らしを始めるうえで、大問題だ。

 何故って?

 マレーシアでは終日、窓をあちこち開放して換気性が良好だが、北海道の冬にこんなことをしていたら、人も猫も凍死してしまう。

 それに、細君の喘息にも相当悪影響を及ぼすだろう。

 で、色々調べてみた。

 日本を出てから11年目。

 猫トイレ事情も少しは進化しているかな?

 最終選考に残ったのは「システムトイレ」。

 その中で花王の「ニャンとも清潔トイレ」がいいかな?と考えている。


 トイレ本体は2層式で、一番上には木製チップ。

 猫が排尿すると、チップにはほとんど吸収されず、そのまま下層の吸着マット(または吸着シーツ)に吸収される仕組みだ。

 猫1匹だけなら1週間は、ほとんど何もしなくていいらしいが、我が家では多分、毎日の交換となるだろう。

 それでも、猫が用を足す都度、トイレをかき回している現状に比べると、格段にトイレ掃除回数は減る。

 ただ、専用のマットは高いので、一般のペットシーツで代用しようと思う。

 厚手の200枚で3600円位。

 1枚18円で、トイレ3か所を毎日交換しても、現在の半分以下のコストで済むかもしれない。

 まあ、実際に使用してみないと分からないが、一台9万円もする「キャットロボット」を購入するより、敷居は相当低いかな?

2019年1月10日木曜日

せめて、自宅で最期を看取ってやりたかった、

 今朝は、喉の痛みがかなり消失して、普通にコーヒーを飲めるまで回復した。

 昨日は、コーヒーをカップ半分まで飲むのが限界だった。

 薬の影響か?

 知覚過敏で、全てのものの味が増幅されて、少し甘いものは甘すぎる、辛いものは辛すぎる。

 と言った感じで、食べても美味しくなかった。

 喉が痛いので、飲むこと食べることが非常に困難で、当然食欲も湧かなかった。

 何でも、ランカウイ島(マレーシア全土かも?)では、風邪が流行しているそうだ。

 そんな時期に、無防備なまま出かけたのが失敗だった。

 いつもは、マスクをして公共交通機関を利用するのだが、今回は二人とも油断していた。

 あと2~3日で普通の生活に戻れそうだ。




 過去記事で投稿したが、動物病院には「チロッペ」が入院中で、私たちが風邪を引いてしまったので、退院が遅れていた。

 が、昨日の朝、動物病院からメールが届いた。

 書き出しは「I am so sorry to inform you ・・・・・ 」

 この書き出しは、良くないことが起こったのだ。

 読み進めていくと「Chiro has passed away」・・・・・。

 え~~~~!!

 チロッペが死んだ~~。

 どうやら、出勤してきた助手が最初に見つけたようだ。

 多分、4回目の発作に耐えきれなかったのだろう。

 せめて、自宅で最期を看取ってやりたかったが、可哀そうなことをした。

 享年11歳。

2019年1月9日水曜日

グッドなアドプションであった。

 風邪は依然として、完治せず。

 猫のチロッペが入院中でもう退院できるのだが、迎えにも行けない。

 昨日はパン2個だけ・・・・。

 今朝も食欲なし。

 当然、ビールを飲める体調ではないし、飲みたいとも思わない。

 今朝体重計に乗ると、2Kg減っている。

 嬉しいような、悲しいような・・・・・。



 ヤギ花が、昨日午後5時過ぎ頃、無事にアドプション先であるイポーに到着した。


 早速、写真がWhatsAppで送られてきた。

 この場所は、日本で言うなら「下屋」かな?

 暑い国なので、こういう開放的な空間を作るのだろう。

 ヤギも花子も嬉しそうだ。

 土地も広いらしいので、好きな時に運動出来て日向ぼっこもできる。

 グッドなアドプションであった。

2019年1月8日火曜日

今朝やっと、パン1個を食べた。

 昨夜は、ほとんど眠られなかった。

 風邪が最高潮だ。

 喉が痛くて、水も飲めない。

 今朝やっと、パン1個を食べた。

 死ぬ思いだった・・・・・。



 ヤギ花が、今朝、イポーへと旅だった。

 今日の夕方には、アドプション先に到着するだろう。

 新しい飼い主に可愛がってもらって、幸せな犬生を送って欲しい。

 3か月間、午後9時頃と午前5~6時頃にトイレに連れて行っていたが、今夜からこの仕事もなくなった。

 なので、今夜から心置きなくビールを飲めるというものだが、ちと、寂しいような嬉しいような・・・・。

 ところで、昨夜はさすがにビールどころではなかった。

 頭痛、倦怠感、喉の痛み、頻脈。

 頻脈は「サルブタモール」と言う薬の副作用だ。

 細君に処方された薬を飲んだのだが「はあ~はあ~はあ~」と、100m全力疾走した後の様だった。

 やっぱり、人の薬は飲むべきじゃないな。

2019年1月7日月曜日

やっぱり、日本の薬は、弱いかな?

 細君の風邪が感染した。

 昨夜は、熱が出て、珍しく風邪薬を飲んだ。

 午前0時頃までは眠れたが、その後は朝までウトウト。

 今朝は頭が重いし、咳が出る。

 大晦日にアロースターで年越しをしたが、多分、フェリーの中で、感染したようだ。

 細君は、喘息があるので、私以上に辛そうだ。

 で、昨日、細君の家庭医を受診してきた。

 数種類の薬が処方され、その中にこれがあった!


 大正製薬の「パブロン」

 日本では第2類医薬品に分類される一般用医薬品だ。

 こちらの薬局で購入できるか分からないが、ちと、拍子抜けした。

 でも、これが結構効く。

 初期の風邪には副作用も少ないので、いいかな?

 でも、持続時間が短いような気がする。

 やっぱり、日本の薬は、弱いかな?

2019年1月5日土曜日

北海道に帰ろうか?その㉖

 今年の4月末、帰国する。

 人間二人なら、な~んてこともないが、猫と、もしかしたら犬も一緒かも知れない。

 過去記事でも投稿したが、ペナン空港でレンタカーを借りて、クアラケダまで戻って来て、フェリーに乗船して、再びクアラケダからKLに向かう。

 詳細は次のとおり。

ランカウイ空港 ------①------>ペナン空港 ------②------>クアラケダのジェティ ------③------>ランカウイ島のジェティ ------④------>クアラケダのジェティ ------⑤------>KL
      
 ①はエアーアジア
 ②はレンタカー
 ③はフェリー
 ④はフェリー
 ⑤はレンタカー

ところで今回はカーフェリーを利用しないので、レンタカーはクアラケダのどこかに駐車しなければならない。

 今のところ、数時間から1泊と考えているが、まだ確定していない。

 以前は、クアラケダのジェティ前には駐車場があって、利用できたのだが、今は工事中で駐車できるのか?不明だ。

 不安要素があると、どこかでつまづく。

 細部にわたって詰めておかないと、いざ問題が発生したとき、オロオロするばかりで的確に対処できない。

 と言うことで、今回、アロースターで年越ししたので、クアラケダのジェティ前を調査してきた。

 結果は、以前どおり駐車場が利用可能。

 工事前と出入り口が変わったが、利用料金は1泊RM15、2泊はRM30だ。

 これで不安要素が一つ消えた。

 が、まだまだ不安要素は他にもあるけど、一つ一つ解決していくしかないな~~。

2019年1月4日金曜日

ヤギ花のアドプションに黄色信号が点灯している・・・・。

 レーダー照射問題。

 拙ブログは、通常、時事に関しては投稿しないが、連日の報道を読んで、呆れるというか、法治国家として体をなしてない。と言うか・・・・・・。

 多分、朝鮮籍の漁船が遭難したというのは嘘で、韓国艦は漁船の密漁をガードしていたのだろう。

 そこへ日本の哨戒機が現れたので、慌ててレーダー照射して、情報収集を中止させた。ってところじゃないだろうか?

 経済制裁を骨抜きにする手助けをしていたことを隠蔽するため、苦しい言い訳を繰り返している。じゃあないの?

 私個人としては、国交断絶、大いに結構!なんだけど、経済団体は黙ってないだろうな。

 

 ヤギ花のアドプションに黄色信号が点灯している・・・・。

 当初の予定では、もう既にイポーにもらわれて行っているはずだったが・・・・・。

 3月に延期されそうだ。

 だが、これは確定ではない。

 もし、3月末以降になって断わられたら、日本に一緒に連れ帰ることができない。

 ランカウイ島に置いていくしかない。

 日本に犬猫を輸入する場合は、動物検疫所に40日前までに申請が必要だからだ。

 まあ、輸入するということで、申請しておけば、どちらに転んでもいいいわけだけど、エアーカーゴの予約だって事前に必要だし・・・・。

 さて?どうしたものか? 

2019年1月2日水曜日

帰国したら、遊びに来ることはもうないだろう・・・・・。

 そうだ!新年のご挨拶をしてなかった。読者の皆さん

 新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞ拙ブログをよろしくお願いいたします。

 と言っても、5月から北海道暮らしが始まるので、このブログもどうなることやら?

 
 
 今朝は、細君が作った「雑煮」「酢だこ」で正月気分。

 ついでに、朝からビール・・・・・。



 三つ葉は売られていないので、チャイニーズセロリで代用。

 蒲鉾は、ペナン島の明治屋で買っておいた。

 タコは、数日前スーパービリオンで売っていたので、あらかじめ購入して酢だこにしておいた。

 今夜は、「うま煮」「海老のうま煮」「なます」ってところかな?

 マレーシア最後の、正月。

 帰国したら、遊びに来ることはもうないだろう・・・・・。
 

2019年1月1日火曜日

分からん国だな~~・・・。 

 大晦日は、予定どおりアロースターで年越し。

 アマンセントラルの寿司三昧で、おせち料理には遠く及ばないが、旨いものを食ってきた。

 本日、夕方、無事帰島・・・・・。

 この「・・・・・。」には、訳がある・・・・・。

 当初、午後1時00分発のフェリーで、クアラケダに向かう予定だったが、いろいろ忙しいので、午後2時発の便に変更した。

 これがいけなかった・・・・。

 ランカウイ島を出港して、15分後。

 ちょうど、前面のテレビで救命胴衣の装着方法や緊急時の脱出口の説明が終わって、艦内上映が始まった。

 映画は、エイリアンが地球に攻めてくる。と言う内容で、双方が激しく撃ち合っていて、「ドッカーーン、バリバリバリ~~」と、音声はほとんどなし。

 そのうち、「ガガガガ、ガガガガ、ガガガガ」と、変な音が・・・・。

 どうも、映像と音声がマッチングしない・・・・。

 間もなく、宇宙戦艦ヤマトの波動エンジンが始動できなかった時のように、「ヒュ~~ン」と、フェリーのエンジンが停止した・・・・。

 これで、2度目。

 前回は、クアラケダまで30分の海上だったし、今回も出港後15分の地点だったので、予備エンジンで帰港できた。

 そう、戻ったのだ。

 ランカウイ島に・・・・。

 ランカウイ島で別のフェリーに乗り替えて、クアラケダ到着は予定より1時間15分遅れ。

 まあ、無事、到着したのだから、良しとしたいところだが・・・・・。

 フェリー会社からは

 状況説明なし!

 謝罪なし!

 前回もそうだったが、ローカルの乗客もこういう状況に慣れきっているのか?落ち着いたもんだ。

 誰も文句を言わない。

 国民性なのか?
 
 諦めきっているのか?

 分からん国だな~~・・・。